結婚サポート・ファニーキープスでは婚活に役立つ情報を数多く提供しています。 あなたの結婚やこれからの婚活のヒントになると嬉しいですね〜。 ぜひ一度当会ホームページも覗いてみてください! こちらです。

2013年08月09日

男性のほうが「結婚すれば幸せになれる」と思っている

株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する恋活・婚活サービス『TwinCue(ツインキュ)』では、恋愛や結婚に対する考え方に関するアンケートを20代〜40代の未婚男女624名(男性312名/女性312名。うち半数ずつが婚活サービスを利用経験者)に対して実施し、結果を発表した。

※恋愛や結婚に対する考え方について、当てはまるものを次の5つから選んでもらった。
「そう思う」「ややそう思う」「どちらともいえない」「あまりそう思わない」「そう思わない」※以下、はい=「そう思う」+「ややそう思う」、いいえ=「そう思わない」+「あまりそう思わない」

◆「人生の幸せは結婚にある」と思う人は約4分の1に留まる

Q.人生の幸せは結婚にあると思いますか?
はい  24.2% (男性 25.6%、女性 22.8%)
いいえ 40.9% (男性 35.6%、女性 46.2%)
どちらともいえない 34.9% (男性 38.8%、女性 31.1%)

全体の約4人に1人は「人生の幸せは結婚にある」と思っているが、約4割の人は「そうは思わない」としている。男女別にみると女性のほうが「幸せ=結婚と思わない」割合が大きい。

◆一方、生涯独身で過ごすことを好まない人は約50%

Q.生涯独身で過ごすというのは、好ましい生き方ではないと思いますか?
はい  50.3% (男性 56.4%、女性 44.2%)
いいえ 21.3% (男性 15.1%、女性 27.6%)
どちらともいえない 28.4% (男性 28.5%、女性 28.2%)

「生涯独身で過ごすことは好ましい生き方ではない」と考える人は約50%。男女別にみると、男性のほうがその割合が大きい。

◆男性のほうが女性より「結婚すれば幸せになれる」と思っている

Q.結婚すれば幸せになれると思いますか?
はい  27.6% (男性 32.1%、女性 23.1%)
いいえ 29.6% (男性 24.0%、女性 35.3%)
どちらともいえない 42.8% (男性 43.9%、女性 41.7%)

「結婚すれば幸せになれる」と思っている人と思っていない人はどちらも全体では30%弱。
男女別みると、男性のほうが「幸せになれる」と思っている割合が女性より9ポイント大きく、女性のほうが「そうは思わない」割合が男性より11.3ポイント大きい。

<アンケート概要>
調査日:2012年12月15日
調査機関:株式会社マクロミル
調査方法:インターネットリサーチ
調査者:未婚の男女 20代〜40代 624名(男性312名/女性312名)
男性、女性ともに半数(156名)は出会い系サービス・婚活情報サービスに登録経験のある人

<@DIMEより>

ひらめき
幸せになれるかどうか、こればかりは一度結婚してみないと
わかりません。
結婚願望がない人は、生涯独身のほうが幸せと思うかもしれ
ませんし・・
管理人の婚活ブログはこちら
posted by ヒット at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚相談で迷惑勧誘、「ノッツェ」に是正指示 

経済産業省関東経済産業局は8日、結婚相談所「ノッツェ」を運営する結婚情報センター(東京都新宿区)が、客を長時間引き留めるなどの迷惑勧誘をしたとして、特定商取引法に基づき是正を指示した。

 関東経産局によると、ノッツェは全国の28支店やホテルの特設会場で営業。訪れた客が入会契約をせずに帰宅しようとすると、従業員から「これぐらいのことも親に決めてもらうようでは駄目」と言われ、4時間以上も引き留められ、契約したケースなどがあった。

 全国の消費生活センターに寄せられたノッツェに関する相談件数は、2011年4月〜今年7月に400件以上に上る。

 結婚情報センターは「今後、同様の指導を受けることがないようコンプライアンスの教育や指導を行っており、業務改善に取り組んでいる」としている。

<スポニチより>

がく〜(落胆した顔)
以前より大手の結婚相談所に強引な勧誘はつきもの
という風潮はありましたが、ついにお国から指導が
入ったようですね・・
それにしても消費生活センターに入った苦情がとても
多いのには驚きです・・
管理人の婚活ブログはこちら

posted by ヒット at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

子供を作るタイムリミットは、男性も同様

「子供が欲しいなら急いだほうがいいよ」なんて、女子の間で使われるフレーズかと思ったら・・・、男性も例外ではなかった!? 生物学的に、子供を作るのにタイムリミットがあるのは、女性も男性も同様のようです。

16〜72歳の男性を対象にして行われたアメリカの研究により「男性は、35歳から精子の質と量が悪化する」ことが分かった。「夫が35歳以上の場合、不妊症のリスクが増える」というフランスの研究結果もあり、35歳以上の男性は、「まだまだ若いから子づくりは心配ない」とはいかなそう。

専門家によると「パートナーの年齢に関係なく、高齢男性ほど子供ができにくくなる」そうで、「男性の年齢が上がれば上がるほど、流産のリスクが増し、さらに子供の遺伝子変異のリスクも高くなる」とのこと。

40歳からは精子の質と量が明らかに低下するそうだが、「何歳にしろ、男性は、生殖システムと年齢に関連性があることを意識するべき。もし子供が欲しいなら、遅すぎにならないよう考慮しなければいけない」と専門家は付け加えている。

なお、研究からは「男性が55歳以上の場合、女の子が生まれる可能性が高くなる」ことも分かったが、これについてはまだ理由が分かっていない。

※当記事は、ハイブリッド翻訳のワールドジャンパー(http://www.worldjumper.com)の協力により執筆されました。

<マイナビウーマンより>

ひらめき
不妊は女性だけの問題ではないことがわかると
男性だけでなく女性も若さを結婚相手の希望条件
に入れるようになるかもしれませんね。
そうなるt、益々結婚できる人とできない人の
差が広がうような・・
管理人の婚活ブログはこちら

posted by ヒット at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする