結婚サポート・ファニーキープスでは婚活に役立つ情報を数多く提供しています。 あなたの結婚やこれからの婚活のヒントになると嬉しいですね〜。 ぜひ一度当会ホームページも覗いてみてください! こちらです。

2013年08月09日

男性のほうが「結婚すれば幸せになれる」と思っている

株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する恋活・婚活サービス『TwinCue(ツインキュ)』では、恋愛や結婚に対する考え方に関するアンケートを20代〜40代の未婚男女624名(男性312名/女性312名。うち半数ずつが婚活サービスを利用経験者)に対して実施し、結果を発表した。

※恋愛や結婚に対する考え方について、当てはまるものを次の5つから選んでもらった。
「そう思う」「ややそう思う」「どちらともいえない」「あまりそう思わない」「そう思わない」※以下、はい=「そう思う」+「ややそう思う」、いいえ=「そう思わない」+「あまりそう思わない」

◆「人生の幸せは結婚にある」と思う人は約4分の1に留まる

Q.人生の幸せは結婚にあると思いますか?
はい  24.2% (男性 25.6%、女性 22.8%)
いいえ 40.9% (男性 35.6%、女性 46.2%)
どちらともいえない 34.9% (男性 38.8%、女性 31.1%)

全体の約4人に1人は「人生の幸せは結婚にある」と思っているが、約4割の人は「そうは思わない」としている。男女別にみると女性のほうが「幸せ=結婚と思わない」割合が大きい。

◆一方、生涯独身で過ごすことを好まない人は約50%

Q.生涯独身で過ごすというのは、好ましい生き方ではないと思いますか?
はい  50.3% (男性 56.4%、女性 44.2%)
いいえ 21.3% (男性 15.1%、女性 27.6%)
どちらともいえない 28.4% (男性 28.5%、女性 28.2%)

「生涯独身で過ごすことは好ましい生き方ではない」と考える人は約50%。男女別にみると、男性のほうがその割合が大きい。

◆男性のほうが女性より「結婚すれば幸せになれる」と思っている

Q.結婚すれば幸せになれると思いますか?
はい  27.6% (男性 32.1%、女性 23.1%)
いいえ 29.6% (男性 24.0%、女性 35.3%)
どちらともいえない 42.8% (男性 43.9%、女性 41.7%)

「結婚すれば幸せになれる」と思っている人と思っていない人はどちらも全体では30%弱。
男女別みると、男性のほうが「幸せになれる」と思っている割合が女性より9ポイント大きく、女性のほうが「そうは思わない」割合が男性より11.3ポイント大きい。

<アンケート概要>
調査日:2012年12月15日
調査機関:株式会社マクロミル
調査方法:インターネットリサーチ
調査者:未婚の男女 20代〜40代 624名(男性312名/女性312名)
男性、女性ともに半数(156名)は出会い系サービス・婚活情報サービスに登録経験のある人

<@DIMEより>

ひらめき
幸せになれるかどうか、こればかりは一度結婚してみないと
わかりません。
結婚願望がない人は、生涯独身のほうが幸せと思うかもしれ
ませんし・・
管理人の婚活ブログはこちら
posted by ヒット at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

アラサー男性の9割が年上女性も結婚対象

厚生労働省の調査によると、近年、初婚夫婦の4組に1組は妻が年上。30年前と比較すると、その割合はほぼ2倍に増加しているという。結婚適齢期の男性にとって、年上女性はどの程度恋愛や結婚の対象になるのだろうか。

世界最大級の恋愛・結婚マッチングサイトのマッチ・ドットコム ジャパン株式会社は、全国の25〜34歳の独身男性240名を対象に、年上女性との恋愛や結婚に関する調査を実施し、結果を発表した。

同調査において、年上女性との交際経験について尋ねたところ、「ある」36.3%、「ない」63.7%となり、約3人に1人が年上女性との交際経験があることが分かった。さらに、「ある」と答えた人に直近の相手との年齢差を聞いたところ、平均「5歳差」となった。交際の感想を聞いたところ、「こちらがリードしなくてはと気負わずに済んで、自然体でいられた(29歳)」「甘えさせてくれる(30歳)」など、大人の女性ならではの包容力や余裕に居心地の良さを感じたという意見が多く見られた。一方で、少数ながら「上から目線のときがある(34歳)」「口うるさい(26歳)」など、経験値が高いがために相手の言動に口を挟んでしまうというマイナス面もあがった。

年上女性で結婚対象として考えられる年齢差は「5歳上まで」が37.1%と最も多く、理由は「話が合いそうだから(34歳)」「離れ過ぎると価値観が違うので(29歳)」「5歳くらいの歳の差は誤差だと思うので(26歳)」など。5歳差程度であれば、そもそもあまり歳の差を感じないという意見が多く見られた。次に多かったのが「歳の差は気にしない」21.3%。理由は「価値観の違いを認め合えるかが大事だから(31歳)」「恋愛や結婚に年の差は不問だと感じているから(34歳)」などがあがった。一方、「年上は考えにくい」と回答した人は9.2%にとどまった。理由は「20代の頃ならともかく、現在の年齢で年上は考えられない(34歳)」「年下がいいから(31歳)」などがあがった。回答理由に女性の出産年齢をあげている人は、全体の4.2%と少数だった。「10歳上だと、子どもが産めるかどうか心配(29歳)」「子どもが欲しいので5歳上くらいまで(28歳)」といった意見もあったが、全体的に価値観や話題が合うかどうかといった、本人同士の相性の方を重視している傾向にあるようだ。

また、「○○女子」のような表現が広い年代の女性に使われているが、男性の8割が「女子」と呼べるのは20代以下であると思っていることが分かった。理由を聞くと、「女の子という意味で“女子”といえるのは学生あるいは20代前半まで。それ以上は“女性”と呼ぶのがふさわしい(32歳)」などの意見が大半を占めた。

年上女性に最も期待したいことは、「甘えさせてくれる包容力」が32.1%と最も多く、次いで、「豊かな知識や人生経験」26.7%、「大人の色気」14.6%と続いた。「経済力」を最も期待する人は7.9%と少なく、経済的な面よりも精神的な面で年上の女性を頼りたいという男性が多い傾向にあった。年上女性との交際は、年下女性との交際では得がたい安らぎを得られたり、自分が成長できるという期待があるようだ。ただ、豊富な経験からのアドバイスは期待するものの、「叱ってくれる」ことを期待している人は1.7%と少なく、上から目線でモノを言われることには抵抗があることも伺える。

そのほか、結婚したいと思うアラフォー独身有名人は、1位「深津絵里(女優・40歳)」15.8%、2位「中谷美紀(女優・37歳)」12.5%、3位「石田ゆり子(女優・43歳)」9.2%、4位「米倉涼子(女優・37歳)」8.8%、5位「観月ありさ(女優・36歳)」6.3%という結果になった。

<マイナビウーマンより>

ひらめき
今の女性はとても若々しいので、アラサーくらいの男性で
あれば、多少年上でも気にしないでしょうね。
ただ、男性も年齢が上がるにつれて年上女性との結婚は
考えにくくなってきますから、年下男性を希望する女性は
自分もなるべく若いうちに婚活したほうが良いと思います。
管理人の婚活ブログはこちら

posted by ヒット at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

お見合いの現実的なメリット

昨今は恋愛結婚が主流のため、お見合いを経験したことがなく、実はお見合いにはたくさんのメリットがあることを知らない人も少なくないでしょう。そこで今回は『オトメスゴレン』女性読者の意見を参考に「恋愛結婚よりもメリットが多い!? 『お見合いのここが最高!』9パターン」を紹介します。

【1】事前に写真やプロフィールを見られるので大ハズレが少ない
「身上書や家族書があるのでどんな男性かをイメージしやすい」(20代女性)のように、まったく自分の好みでない男性が来る可能性は低いようです。また、「両親とは別居したい」「仕事を続けたい」といった結婚後のこちらの希望を事前に伝えることができるのもメリットです。

【2】世話人を通して相手の年収を聞くことができる
「結婚生活をリアルに想定するわけですから」(30代女性)などの理由で、お見合いで年収を聞くことは失礼ではないという考え方が一般的。ただ面と向かっては聞きづらいでしょうから、お見合い前に世話人を通して聞いておくのがいいでしょう。

【3】箸の持ち方など、普通の恋愛では注目されないことが長所になる
「外見に自信がない私でもアピールできます」(20代女性)など、お見合いでなら食事中の所作といった礼儀作法がセールスポイントになることも。ナイフやフォークは並べられた外側から使うといったテーブルマナーも覚えておくといいでしょう。

【4】最初から結婚前提のお付き合いになるので話が早い
「結婚願望が低い男性との恋愛だと結婚までなかなかたどりつけない」(30代女性)こともありますが、最初から結婚が目的であるお見合いは、お互いが気に入れば話がトントンと進むこともメリット。相手の男性に「私は○歳までに子供を○人欲しいです」などと伝えておけば、結婚後の人生プランも立てやすくなりそうです。

【5】親公認なので、両親に紹介する手間が省ける
「結婚への大きなハードルが最初からクリアー済み!」(20代女性)と、両親に反対される心配が少ないのもありがたいことでしょう。最近はお見合いに親が同席しないケースも多いので、世話人の方に「親同席希望」であると伝えておくといいでしょう。

【6】婚活パーティーなどと違い1対1なので焦らずじっくり話が聞ける
「婚活パーティーは人気の高い男性と話せる時間が短いのがネック」(20代女性)とのことですが、お見合いは1対1なのでその心配は無用です。また、口数が少ないと婚活パーティーでは自分をアピールしにくいですが、お見合いなら男性から「物静かな癒し系」と思ってもらえることもあるでしょう。

【7】普段の交友関係にはいないハイスペックな男性と出会える可能性もある
「自分のまわりにはいない公務員や大手企業勤務の方を紹介してもらえそう」(30代女性)など、好条件の男性と出会える可能性も。相手の男性が共働きで経済的により豊かな暮らしを望む場合は、自身の仕事のやりがいを語り、専業主婦を希望する場合は料理上手などをアピールするといいかもしれません。

【8】共通の友達がいないので、昔の男性関係などがバレる心配がない
「昔はけっこう遊んでいたので(笑)」(20代女性)という方などには、過去の恋愛歴を隠しやすいお見合いは適しているでしょう。ただし、結婚が決まったあとに友達を紹介することもあるでしょうから、猫をかぶり過ぎると自分の首を絞めかねないので注意が必要です。

【9】断るときも直接相手に言わなくてすむ
「好みの相手じゃなかったときでも断りやすい」(20代女性)と、世話人の方を通して断れるので気が楽という意見も。世話人の方に「私にはもったいないほどの男性でしたので、お断りしていただけますか」などと伝えるだけでいいので、面と向かって断るのが苦手という人にも最適かもしれません。

恋愛結婚の方がロマンチックかもしれませんが、このようにお見合いには現実的なメリットがたくさんあります。お見合いの機会があればぜひ受けてみてはいかがでしょうか。


【調査概要】
期間:2013年4月11日(木)から4月17日(水)まで
対象:合計199名(20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査

<オトメスゴレンおり>

ひらめき
何より結婚までの道のりが短くなります。
お見合いといっても現代では恋愛結婚と変わりませんし、
堅実な相手と出会えるわけですから、これからは出会い
の方法として俄然注目されてくるのではないでしょか。
婚活には最適だと思います。
管理人の婚活ブログはこちら

posted by ヒット at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

独身女性を不快にさせる既婚者の発言

たとえ親友同士でも、相手が未婚の場合は、話す内容によって慎重に言葉を選ぶ必要があるでしょう。悪気はなくても相手を怒らせてしまったら、その後の関係にも支障をきたしかねません。そこで今回は、20代から30代の独身女性327名に聞いたアンケートを参考に「『勝ち組ぶって感じ悪い!』と独身女性を不快にさせる既婚者の発言9パターン」をご紹介します。


【1】「あなたも結婚すればわかるよ」などと、上から目線な発言をする
「『妻の苦労なんて話しても仕方がないか』って! …なら最初から振るな!」(20代女性)というように、「どうせわからないだろうけど」と匂わせるような物言いは、独身女性を格下扱いしていると誤解される恐れがあります。既婚者ならではの悩みや喜びは、同じ境遇の者同士で分かち合いましょう。

【2】「会社勤めなんて子育てと比べれば楽」などと、仕事を軽んじる
「『育児ほど大変な仕事はない』なんて語られても…」(30代女性)というように、自分中心の尺度で「世の中」を語ると「何も知らないクセに!」と独身女性の怒りを買うはめになるかもしれません。本音はともかく、物事を一面から見ただけで決めつけるのはやめましょう。

【3】「自分の市場価値わかってる?」などと、エラそうに値付けをする
「『ほどほどの男で手を打てば?』って、アンタは私の何なのさ?」(30代女性)というように、「結婚ありき」の発想で勝手に安売りを勧めるようでは、たとえ相手が親友でも余計なお世話でしかありません。「絶対いい人いると思うんだけど…。最近どうなの?」などと、オブラートに包んで話を向けましょう。

【4】「だから結婚できないんだよ」などと、なんでもかんでも未婚であることと結びつける
「ジョギングも玄米菜食主義も、全部『結婚の妨げ』みたいに言われるのは心外!」(30代女性)というように、趣味や生活習慣を無理やり「未婚であること」と関連付けるのも、うっとうしがられるでしょう。結婚に興味がない人もいるので、あまりしつこく言い募らないほうがよさそうです。

【5】「一人の時間があって気楽だね」などと、独身者をうらやましがる
「『毎日お出かけできていいなあ』って、好きで満員電車に乗ってるわけじゃないんだけど!」(20代女性)というように、相手の苦労を知らずに呑気なことを言っていると、そっと距離を置かれるかもしれません。独身者の自由について言及したいなら、「好きなことするなら今のうちよ!」とシンプルにアドバイスする程度に留めましょう。

【6】「ごめーん、家でやることがたくさんあるの」などと、家事・育児で忙しぶる
「『梅酒ぐらい自分で漬けようよ!』って、なんかもうウザい…」(30代女性)というように、生活スタイルが異なる相手に、自分の頑張りどころをアピールしたところで、溝を深めるだけでしょう。家事の工夫を披露したいならママ友などと語り合ったほうがよさそうです。

【7】「なんで結婚しないの?」などと、したいのにできないことを理解しない
「理由がわかるなら自分がいちばん知りたいです(苦笑)」(20代女性)というように、結婚したいと強く願っている女性が相手なら、いきなり核心をつく発言も不快にさせてしまうでしょう。友人として力になりたいのであれば、なおさら慎重に切り出したほうが無難かもしれません。

【8】「子どもがいない老後はさみしいよ」などと、余計な心配をする
「『孤独死とか怖いよねー』ってわたしに言うか!?」(30代女性)というように、未婚を貫くリスクについて、思ったことをそのまま口に出すのは考え物です。意地でも「独身主義者」を標榜したがる女性に結婚の良さを伝えるときは、「たまには報われる瞬間があるよ」など、ささやかな幸せを控え目に表現したほうがいいでしょう。

【9】「夢を追いかけてると婚期を逃すよ」などと、「結婚こそ女性の理想」と決めつける
「結婚結婚結婚結婚ってうるさい!」(20代女性)というように、二言目には「早く結婚を!」では、話の通じない人だと思われても仕方がないようです。結婚以外のことに幸せや生きがいを感じている女性がいることも理解しましょう。


普段話すときは未婚の相手に気を使っているという人も、SNSなどでは「うっかり発言」を連発している恐れがあります。今一度、ご自分の言葉を振り返ってみてはいかがでしょうか。


【調査概要】
期間:2013年4月11日(木)から17日(水)まで
対象:合計327名(20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査

<スゴツマより>

ひらめき
既婚者も悪気があって言っているのではないのでしょうが、
ただ、結婚したくてもできない独身者にしてみたら、
些細な発言にも敏感になるのかもしれませんね。
深い意味はないと思うので聞き流して良いと思うのですが・・
管理人の婚活ブログはこちら
posted by ヒット at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

結婚を意識する出来事

一世一代のイベント、結婚! けれど最近は、おひとりさまで楽しめる場所や、手続きや法律の関係が面倒臭くて同棲止まりという人が増えているようですね。もちろん結婚は義務ではないので、それを決めるのは本人たちの自由。
でも、そうは言っても環境や年齢はどんどん変化していくもの。「まだ若いから先のこと」「べつに結婚しなくても平気じゃない?」なんて思っていても、月日が経つごとに焦りが生まれることも。
今回は、『フルーツメール』が20代〜40代の未婚の男女を対象に行った「結婚を意識する出来事」の調査結果を元に、その「結婚を意識する出来事」を5つピックアップしてお伝えします! 独身男女の生々しい声に、思わず焦りが見えてしまうかも。

■1:30歳、35歳、40歳などの年齢の節目
やはり時の流れには勝てません。若い時は「平気平気!」なんて思っていても、時の流れはあっという間です。とくに女性は出産の関係もあるので、結婚を意識するタイミングはシビアになった方が良いかもしれません。

■2:親友が結婚した
「おめでとう!」と心から喜ぶ半面、「自分もそろそろ結婚するべきかな」と思わず意識してしまいますよね。ここは逆に考えて、親友から結婚のアレコレを聞いて、結婚と改めて向き合うのも一つの手です。

■3:友人の中で独身が自分だけになった
会う度に「結婚とかまだ先だよね〜」なんて盛り上がっていたはずなのに、気付けば独身は自分だけ……これは嫌でも焦ってしまいます。自分は平気でも、友人たちから「まだ結婚しないの?」なんて無自覚なプレッシャーをかけられてしまうかも。

■4:親の弱った姿を見た
結婚は当人たちだけでなく、親族とも深い関わりのあるイベントです。子供たちの結婚を楽しみにしている親も少なくないはず。老いた親の姿を前にすると、「早く安心させてあげたいな」と結婚を意識してしまうようです。

■5:親友に子供が生まれた
結婚した姿だけでなく、子供の姿まで見せられてしまうと、嫌でも結婚の二文字が頭をよぎってしまいます。とくにその親友が自分の親とも仲が良いと、「あなたはまだなの?」なんて親友を引き合いに出されてしまうかも。

結婚は大きくて華やかなイベントである分、安易には決めにくい一生もののイベントです。とはいえ、いつまでも悩んでいたり、まだ平気だと怠けていたりすると婚期すら逃してしまうので注意して下さい。両者のタイミングが合ったら、多少は勢い任せに式を挙げてみるのも良いのではないでしょうか。

<Menjoy!より>

ひらめき
ある程度の年齢になったらキッカケがなくても
結婚を意識してくると思いますが、周りの状況が
変わってくると、より焦ってくるんでしょうね。
その時点で交際相手がいれば、まだマシかも・・
管理人の婚活ブログはこちら

posted by ヒット at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする