結婚サポート・ファニーキープスでは婚活に役立つ情報を数多く提供しています。 あなたの結婚やこれからの婚活のヒントになると嬉しいですね〜。 ぜひ一度当会ホームページも覗いてみてください! こちらです。

2013年06月24日

晩婚のメリット

厚生労働省は5日、2012年の合計特殊出生率(女性ひとりが一生に産む子供の数)が1.41だったことを発表。前年比0.02ポイント上昇、1996年以来16年ぶりに1.4台を回復した形だ。一方で平均初婚年齢は夫が30.8歳、妻が29.2歳と、それぞれ上昇。第1子出産時の母の平均年齢も、30.3歳と0.2歳上がり過去最高を更新している。
これらの数字からわかるのは「晩婚・晩産化が少子化に直結しているわけではない」ということだ。各種メディアでは"平均初婚年齢"ばかりが取り沙汰されがちだが、得てして晩婚夫婦の仲は良い…という話も聞く。
そこでNewsCafeのアリナシコーナーでは「高齢結婚の方が幸せになれる?」という調査が実施された。結果とともにさまざまな意見をご紹介しよう。

【アリ…35.5%】
■若い頃の、ただスキなだけの結婚とは意味も覚悟も違うだろうから。
■結婚早い人のほうが離婚率高いデータがある。
■子育ては大変。でも些細な事で喧嘩、離婚は少ないんじゃないかな。
■相手にもよるけどね、私は幸せ。
■お互いに大人なので、我慢できる。
■親の結婚生活の失敗を見たので、用事深くなりました。
■高齢結婚になりそうだからそう願いたいわ。
■それなりの蓄えがあるから。
■いろいろなリスクが有るのは承知の上ふたりで穏やかに、人生を送ればOK!

【ナシ…64.5%】
■出産は若い方が絶対いい。育児は体力が必要だもの。
■若すぎる出来婚は離婚多いし晩婚は子供できにくいし適齢期がベスト。
■一日でも長く一緒にいたい。
■あまりに若い結婚よりはマシかと思うけど…。
■幸せの尺度はヒトそれぞれ!
■これは正直アリともナシとも言えないんじゃないかなぁ。
■高齢でも高齢じゃなくても幸せになる、ならないどちらも言える。
■なぜどちらかに決めねばならぬ?
■ケースバイケースです。

結果は【ナシ派】6割超と多数派だが、そのコメントは「出産には若い方がいいからナシ」派、「早婚も晩婚もどっちもナシ、適齢期がある」派、「人それぞれ」派、それぞれ同数程度に分かれている。つまり「晩婚にメリット多し」と考える人は少数派でないと言えるだろう。
結局のところこのテーマに答えはなく、問題になるのは"幸せの基準"と"高齢の基準"だろう。時代によって早婚と晩婚の線引きは曖昧だが、20歳と30歳では社会経験に大きな差があることは言うまでもない。結婚するということは、社会人としての役割が増すことでもある。お互いの生活を分担し、ふたりの力で完成させる苦労…この苦労から"幸せ"や"楽しさ"を見いだす手がかりは、若さなのかもしれないし、経験なのかもしれない。

<NewsCafeより>

ひらめき
年齢とともに結婚できる確率が低くなるのですから
高齢でも結婚できただけ幸せではないでしょうか。
子供が欲しければ、早いうちに結婚しておいたほうが
幸福度は高くなるはずですが。
管理人の婚活ブログはこちら

posted by ヒット at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

妊活に必要なこと

Gow! Magazineでも過去に数回取り上げて、話題となった“妊活”。

妊活とは、「妊娠活動」の略で、妊娠するために体調を管理する、不妊治療に励むなど、さまざまな手段を取ることです。

いったい、現在どれくらいの人が妊活を認知、行動に移しているのでしょうか?

トレンド総研が行った「妊娠に対する不安と“妊活”に関する意識・実態調査」によって、妊娠に対する女性の意識や、妊活に対する考え方が明らかになりました。

妊娠に不安でも行動に移さない女性多数!

調査は、「子供が欲しい」と思う25〜44歳の女性500名を対象に行われました。
さっそく、その調査内容と結果を見ていきましょう!


●その1:“妊活”認知率は高い!

まず、妊活というワードがどれくらい浸透しているのか、その認知率を調査してみると、「見聞きしたことがある」と回答したのは63%と半数以上でした。

年代別でみると、とくに認知率が高かったのは30代後半女性で70%。やはり、妊活の重要性をリアルに感じている世代だからこその結果だと言えるでしょう。


●その2:重要性は理解するも実施しない?

女性たちに「今後“妊活”の重要性は高まるか」聞いてみたところ、「そう思う」と回答したのは77%でした。

これだけ多くの女性が妊活の重要性を理解し受け入れている一方で、「今後、“妊活”を実践したいか?」と尋ねると、「そう思う」と回答した女性は49%と約半数。

さらに、「実際に何かしらの取り組みを行っているか?」という質問に対しては、「している」と回答したのはわずか30%でした。

約80%の女性が妊活の重要性を理解していながらも、実際に実践しているという人は30%。
この理由として考えられるのは、妊活を始めるにあたり情報が不足しているということです。

実際に、「“妊活”を行うにあたり、十分な情報があると思うか?」と聞いたところ、「あると思う」と回答したのは33%と少数でした。


宋美玄先生に聞く! 妊活に必要なこと

そこで、実際に妊活を行う際に大事なこととはなんなのか? 産婦人科医で『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』(ブックマン社)の著者でもある宋美玄(そん みひょん)先生に、妊活に必要な取り組みについて聞いてみました。

「現在、日本における高齢出産は全体の25%程度にものぼります。けれども、通常37、38歳ごろを境に、妊娠率は急激に下がります。40歳くらいになって『結婚はいいけど、子どもは欲しい』なんて女性も少なくないです。こうした中で、いざというときに支障をきたさないよう、妊娠のために準備しておくことが求められます」(宋先生)

やはり、女性が積極的に妊娠と向き合わなくては、子どもを授かることが難しい時代になっているのですね……。

では、具体的にどのような準備をすればよいのでしょうか?

「まず、女性が自分の体のことをよく知っておくことです。例えば、生理不順を放っておかないなど、ちょっとした身体の不調を見逃さないといったことも重要です。生理痛を我慢し続けた結果、子宮内膜症になっていたなんて話も。子宮内膜症の半分は不妊です。そうならないように、検診を欠かさないとか、気になることがあればすぐに医者に相談するとか、こういったことが重要になります」(宋先生)

他にも、具体的な取り組みとして、細胞分裂を助ける葉酸のサプリメントを積極的に摂ることなどがオススメなのだそう。

みなさん、妊活については知っていても、実際に行動に移すための知識は追いついていましたか?
これを機に、妊活について具体的に学んでみてはいかがでしょうか。

<Gow!Magazineより>

ひらめき
女性はそれなりの年齢になってきたら婚活と並行して
妊活も必要なのかもしれませんね。
どうしても子供が欲しいのであれば、真剣に考えた方が
良いと思います。
妊活がもっと浸透すれば少子化の歯止めになるのでは・・
管理人の婚活ブログはこちら

posted by ヒット at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

恋愛・結婚するなら理系男子と文系男子、どっちがいい?

「恋愛するなら文系男子、結婚相手なら理系男子」というのはよく聞く話だけど、果たしてイマドキ女子の本音はどうなのでしょう?20〜30代女子に、「恋愛・結婚するなら理系男子と文系男子、どっちがいい?」と聞いてみました。

<恋愛するなら、どっち?>
・理系男子…59%
・文系男子…41%

<結婚するなら、どっち?>
・理系男子…69%
・文系男子…31%

恋愛、結婚ともに人気が高いのは理系男子ということが判明!それぞれの理由も聞いてみると?

<理系男子>
●「何を考えてるのか分かりにくいけど、自分だけが知ってる顔を見せてくれたりすると嬉しい」(26歳)
●「私自身が文系なので、計算やパソコンのことなどやってくれそう。考え方も感情的ではなく理論的に考えてくれそうだから」(33歳)
●「理系=マジメ!高収入!の確率が高い」(27歳)

<文系男子>
●「愛情表現が豊かなので」(32歳)
●「友人が多そうなので、みんなでワイワイと楽しい時間が過ごせそう」(29歳)
●「人との交渉が苦手な私の代わりに上手に話をしてくれる」(32歳)

文系男子では一緒に盛り上がれる楽しさを、理系男子では自分ができないことをやってもらえることに魅力を感じる女子が多いみたい。でも、文系・理系それぞれの男子と実際に付き合ってみて、イマイチだったこともあるようですよ…。

<理系男子>
●「休みの日の朝は、デートの行き先のリサーチ&解説からはじまる。失敗は少ないが、今すぐ出掛けたい派で文系女子の私は、たまにイライラする(笑)」(36歳)
●「とにかく頭が固い。答えが一つじゃないものに対しての柔軟な発想などが乏しい。仕事でもパソコンと向き合ってるせいか、人に対しての対応や言葉遣い、気持ちや思いやりの心のゆとりがなく、非常識なときもある。一回で言ったことを理解してくれないので何回もかみ砕いて説明しないといけない。でも、その辺は育てるしかないと思ってる」(28歳)
●「けんかしたときに彼の言い分である『結論のコレに関して俺は悪くない』に対して、文系の私は『私はそこまでの経緯で怒ってるの!』と、全く論点がずれてすごく不毛なけんかをした」(25歳)

<文系男子>
●「『なんとなく』の理由が多いので、こちらが物事の加減を理解しづらい」(27歳)
●「口がうまく、屁理屈を考え付くのが上手なので、けんかのとき、よけいに腹が立つ」(23歳)
●「適当になぐさめてほしくて相談すると、核心を突いた身もふたもないことを理路整然と言われる(笑)」(29歳)

理系男子も文系男子も、それぞれ「カチン!」とくるところはあるものの、それでも憎めない相手を、女子は選んでるのだろうなぁということが感じられた今回のセキララ★ゼクシィでした!

<セキララ★ゼクシィより>

ひらめき
確かに理系というと賢くて優秀そうなイメージはありますね。
ただ、文系も理系も人それぞれですから、妙な先入観を持たない
ほうが良いと思いますが・・
文系でも理系でもない人は多いでしょうし・・
管理人の婚活ブログはこちら

posted by ヒット at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アンケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

結婚確率2%を打破しニート婚をした女性

国税調査によると、35〜39歳の未婚女性が5年後に結婚できていた割合は、たったの2%という結果が出ているそうです。
さらに40歳を過ぎるとその割合は0.5%と、絶望的な数値になるのだとか……。

アラサーになり、焦りを感じ始めて婚活をするも、良い縁に恵まれず気が付いたら30半ばになってしまった女性も多いと思いますが、まだあきらめてはいけません!

結婚確率2%を打破し、「ニート婚」をした女性のエピソードを紹介します。

理想を下げろ!意外と幸せなニート婚のススメ

「ニート婚」とは、言葉通りニートと結婚するということ。
職がないニート男性であっても、彼に生活力があれば以外と生きていける……そう考え、家庭的で一生を共にするには理想的なニート男性と結婚する女性が多いのだそうです。

実際にニート婚をした女性に、どんな生活を送っているのかリサーチしてみました。


●その1:跡継ぎとしての意識が開花

「実家のサクランボ農家をたまに手伝っては、親からおこづかいをもらっていたニートの彼。父親のケガにより、いきなり跡を継ぐことに。ノウハウもまだまだだし、誰もが存続は難しいと思っていましたが、サクランボ狩りツアーを旅行会社に売り込んだり、HPを作ってネット販売したりと、驚異的に売り上げを伸ばして行った彼。私にも協力して欲しいとプロポーズされ、いまでは夫婦でサクランボ御殿を建てるのが夢です」(35歳/農業)


●その2:夢を追って大成功!?

「芸大を卒業している彼の夢は陶芸作家。30過ぎても親から仕送りをしてもらっている甲斐性なしです。そんな彼が『いくつか作品が売れたので、この資金でアトリエを作りたい。結婚しよう!』と言い出し、親の大反対のなか、半ばやけくそで結婚しました。しかしアトリエができると、近所のマダムが作品を買いに来るようになり、いまではマダム相手に陶芸教室も開催。芸は身を助けるって、本当ですね」(39歳/自営業)


●その3:彼女を追いかけた先の幸せ

「アトピーが酷い彼。人前に出るのも苦手で、やっと就職した会社を辞めたと聞き、別れを決意。同棲を解消して実家に帰ったら、数日後彼が追いかけてきたんです。地味な作業が向いていたようで、もくもくと私の実家の畑仕事を手伝い、無農薬野菜を作ることに喜びを見出したようすの彼。気が付くとアトピーもなくなっていてビックリ! 今年、うちの農家に婿養子として来てくれ、両親は大喜びです」(36歳/農業)


●その4:ニートでも手に職

「大工の仕事を辞め、祖父の介護に専念していた彼。祖父が亡くなったのをきっかけに、古い祖父の家を自力でオシャレな古民家に改築。すると『作品を展示したい』と言うガラス作家の方が現れ、貸しギャラリーにすることに。祖父の残してくれた家は広く、庭も美しいので、もうすぐカフェスペースをオープンする予定です。趣味のお菓子作りが、こんなところで活かせるなんて嬉しいです。カフェが軌道に乗れば結婚する予定です」(37歳/自営業)


「生活力」という原石が隠れているニート婚

職ナシのニートだからといって、早々に縁を切り捨ててはいけません。
このように、誰も狙わないニートにこそ、光る原石が隠れている可能性があるかもしれないのです。

35歳以上の婚活女性の皆さま、結婚確率2%のなかでも幸せを掴みたいのであれば、生活力のあるニート男性も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

<Gow!Magazineより>

ひらめき
やはり出産のこともあるので、女性は35歳を過ぎると
かなり厳しい現実があるようですね。
それにしても最後の手段でニートを狙えというのも
失礼な話です・・
ニートも相手を選ぶ権利はあると思いますが・・
管理人の婚活ブログはこちら

posted by ヒット at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

婚活サイトに登録し交際相手を探していた妻子持ちの市議

京都府宇治市の42歳の市議が妻子がいるにもかかわらず、離婚者のための婚活サイトに登録し交際相手を探していたことが分かり、市議会で責任を追及されるなど大きなスキャンダルとなっている。市議がサイトを通じて知り合った30代の女性とトラブルになり、裁判沙汰になっていることも新たに判明。「女性のプライバシーもあり説明は控える」「サイトの趣旨を理解できなかった」などと意味をなさない“釈明”を繰り返す市議に対し、「倫理的に大いに問題がある」と市議会は辞職勧告も辞さない構え。騒動は加熱する一方だ。

 この市議は、自民党の金ケ崎(かながさき)秀明氏。なかなかのイケメンで、同党公認で初当選した平成23年4月の統一地方選では、3400票余りの得票でトップ当選を果たしている。

 そんないっけん前途洋々の人生に突如、醜聞が降りかかった。妻子がいるにもかかわらず離婚者のための婚活サイトに登録し、交際相手を探していたことが分かったのだ。金ケ崎市議は離婚危機にあるとしているが、「別居中や離婚が決まっていても、法律上婚姻状態にある場合は一切利用できない」とした同サイトの方針に反していた。

 しかも、このことを報じた地元紙や議会関係者によると、金ケ崎市議はそのサイトを通じて知り合った30代女性と不倫関係を結んでいたという。同紙は女性と市議の双方を取材し、女性が「市議の子を妊娠している」と訴えていることや、市議が「心当たりはまったくない」と話したことなども報じた。

 議会関係者の間には「3月には金ケ崎市議が作成し、女性がサインした示談書まで出回っていた」(長老議員)といった話も流れ、この問題が発覚した5月末以降、市議会は紛糾。同市議が所属する自民党市議団は、市議に対し会派離脱と、市民環境常任委員会副委員長の辞任を求めた。

 進退については市議本人に判断を委ねたが、他会派からは「副委員長の辞任などは、議員報酬をもらいながら(副委員長の)仕事をしないで済むだけ。楽するだけだ」と、議員辞職を迫る声も出ている。

 その後、各派幹事会で会派離脱は認められたものの、副委員長職の辞任は「議会への説明がない」として判断が据え置かれた。

 今月7日の市議会全員協議会は、金ケ崎市議の釈明と、それに対する糾弾の場となった。今回の問題について、金ケ崎市議は「離婚を機に新たな人生を歩む方々のサイトの趣旨を深く理解できず、(サイトを通じて)女性と交流を持つことになった」とした上で、「深く反省しています」「申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 さらに、交際女性との間でトラブルになり、京都家庭裁判所に調停の申し立てを行ったことを新たに明らかにしたが、「女性のプライバシーも、私の家庭のプライバシーもあり、一切の説明を控えさせていただきます」と詳細は語らなかった。

 一方、この婚活サイトに会員登録する場合、「20歳以上で、配偶者・交際者がいない独身の方」との会員資格が目に入るようになっており、他の市議からは「自らのプロフィルを偽って独身として登録したのではないか」との質問も出た。

 しかし、金ケ崎市議は「手順上、サイトの細かな契約約款などを確認すればよかったが、確認に見落としがあった」「手順を誤ったのではないかと思う。そこを反省している」と、あくまで手続きミスと主張。今後については「一生懸命汗をかいて、活動する決意です」と述べ、議員辞職も否定した。

 しかし、こうした弁明に議員の多くは納得できるはずもなく、ある議員は「今日のは説明になっていない。議員辞職勧告で済む話かどうかもわからない。新たに条例を制定し、政治倫理審査会のようなものをつくる必要があるかもしれない」と憤りを見せた。

 この問題はテレビの情報番組などの関心も呼んでいる。議会棟には普段目にしない東京のテレビクルーも詰めかけ、休憩時間中の同市議に対し、「女性は1年間独身と信じていたのでは?」「女性は妊娠4カ月というが」といったキツ〜イ質問も飛ばしていた。

 スキャンダルの影響からか、今は見られなくなったが、金ケ崎市議の5月21日のブログには「大学の法学部で刑法、刑事訴訟法などを学んだ」とあり、「罪と罰…刑事、民事ともに社会秩序のために厳正に行わなければなりません」と記されていた。

 「罪と罰」はロシアの文豪、ドストエフスキーの代表作を意識しての記載なのか。いずれにしても公人として同市議のモラルが厳しく問われているのは間違いない。

<産経新聞より>

もうやだ〜(悲しい顔)
考え方によっては、婚活サイトは不倫相手や愛人を探すことも
できるわけですね・・
確かに、積極的に出会いを求めている女性が登録しているので、
そういう相手を探すには手っ取り早いし、簡単かもしれません。
ただ、この市議は、真剣に結婚したい女性を狙うことに、
心が痛まなかったのでしょうか。
この被害女性は人生がめちゃくちゃになり、気の毒ですね・・
やはり、安易に婚活サイトなどに手を出さないほうが良いと
思いますが・・
管理人の婚活ブログはこちら
posted by ヒット at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする